ペット保険は近年できた新しい保険であるため、選び方が分からないという飼い主の方もいるでしょう。ペットが病気になってしまって病院にかかると、思っている以上に医療費がかかってしまいます。病気の種類や進行度合いにもよりますが、例えばがんの場合は、通院で1回5,000円、入院で1回5,000円、手術では40万円など、高額の医療費がかかります。ペットも大切な家族の一員ですので、万が一に備えて保険に加入しておくと、安心して過ごすことができます。ペット保険はヨーロッパやアメリカでは以前から一般的でしたが、日本ではここ近年になって一般的になってきました。加入件数は2014年で50万件を超え、保険金の支払件数も2009年度と比較して2013年度には2倍以上の伸び率となっています。

ペット保険はどう選べば良いのか

ペット保険は大抵が犬や猫用に設定されているものですが、中には鳥や爬虫類を対象としたものもあります。ペット保険を選ぶ際に重視したいことはバランスです。補償内容と掛け金のバランスを考えながら選んでいきましょう。まずは加入したい時期を考えます。生後数か月からの身体が弱い時期に入るのか、成長してきて怪我の危険性が出てから入るのか、一生涯の加入をしたいのかで入る保険は変わってきます。赤ちゃんのうちに入るなら通院回数や手術が多くなる傾向がありますので、補償回数が多いものがおすすめです。高齢になってしまうと年齢制限があって加入できなくなりますので、注意が必要です。生涯加入するなら終身プランがあるものを選び、保険料の上がり幅がどれくらいか、定額なのかも考慮して決めていきます。

ペット保険を選ぶ上でのチェックポイント

飼っているペットが生きる年数によって保険に加入する期間は変わります。小型犬の寿命は14年、中型、大型犬の寿命はそれより短いとされています。その数値を考慮して加入する保険を選びます。年間限度日数を超えてしまうと補償を受けられなくなります。あるペット保険では、通院は20日、入院は30日という限度設定されていますが、実際に通院や入院にかかった日数がこの日数を越えなかった割合は99%以上となっています。そのため、通院は20日、入院は30日という条件を満たしたペット保険を選ぶのがおすすめです。病気や怪我をすることが多いペットなら、限度額まで回数制限なしで補償してもらえるタイプの保険を選んでおくのが賢い方法です。保険の選び方が分からない場合は専門家に相談するのも1つの方法です。

ペット保険についてお悩みの方をサポートします。 当サイトでは、数あるペット保険について複数の保険会社、複数の保険商品から完全一括無料でお見積もりいただけます。 お客様のペット保険に関する疑問を解消致します。 各社のペット保険の詳細情報を提供しております。 当社の強みは豊富な種類のペット保険を紹介している点であり、インターネットでの申し込みが可能になっています。 ヴィータでおすすめのペット保険を見つけよう!